【2021年版】おすすめのオンライン・スポーツベッティング運営会社4つ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ほとんどの店舗型カジノが閉店を強いられたため、多くの人はオンラインギャンブルに関心を寄せていました。実際のところ、この感染拡大が原因で、ギャンブル業界に新たなトレンドを生み出し、その傾向は来年以降も続くだろうと予測されています。

オンライン上のスポーツベッティングは、主にFIFAワールドカップやUEFA欧州選手権を中心に実施されています。なお、オンラインベッティングは、サッカー以外にも、テニスや競馬の試合でも、もちろん人気があります。また、数多くのベッティング運営会社が、マーケティング戦略イニシアチブの一環として、あらゆるクラブチームのスポンサーになっていることも忘れてはいけません。

ただし、競争の激しい業界であるため、この記事を執筆している間も、オンラインベッティング企業の数は変化していますが、それでも、長年運営を続けてきた企業が数社あります。ここでは、最高のオンラインギャンブルを運営する会社4つをさらっとご紹介します。

888 ホールディングス

「888 ホールディングス」は、世界で最も利用されているオンラインゲーム会社の一つなので、オンラインゲームをしたことがある人なら、「888」という名称を聞いたことがあるかもしれません。現在、複数のビンゴ、ポーカー、カジノブランド、スポーツベッティングが楽しめるプラットフォームを運営しています。

2008年創業以来、オンライン上での存在感を確立し、見方によっては、その優位性を利用してきました。現在、888 ホールディングスはヨーロッパとイギリスで、最も尊敬されるスポーツベッティングブランドの一つで、さらにアメリカでもその影響力を強化しようと進化しています。

VGCホールディングス

オンラインギャンブル市場を代表する、もう一つの主要企業「VGC ホールディングス」は、カジノ、ポーカー、ビンゴ製品、そして最新のスポーツブックを提供するプラットフォームなど、さまざまなサービスを提供している有名企業です。

また、Casino Club、Ladbrokes、Sportingbet、Foxy Bingo、Betbooなど、業界トップのオンラインベッティングブランドのゲームなら、どんなものでも見つかります。

2018年、有名企業のMGMリゾーツ社との2億ドルの業務提携を締結して、ついにアメリカ市場に進出。以来この2社は、何億ドルもの収益を生み出しています。

ウィリアム・ヒル

イギリスを拠点とするブックメーカー「ウィリアム・ヒル(William Hill)」は、2012年以降、さらに3つの事業を統合してWilliam Hill USを展開し、現在では、市場シェアの30%近くを占めるまでに急成長を遂げています。この市場占有率は、オンラインギャンブル業界の最大手にしか与えられないものだと言わざるを得ません。

同社は、ヨーロッパやイギリスにおいて、無視できないほどの大きな存在感を発揮していたことを考えると、アメリカでのスポーツベッティング合法化により、初期の頃から、大きな恩恵を受けている会社の一つです。

現在では、米ネバダ州だけで100店舗近くのベッティング施設を運営しています。

Bet365

様々なオプションや新しいベッティングマーケットを導入して以降、Bet365はオンラインギャンブル業界で注目される企業にまで成長しました。念のために言っておくと、Bet365は、オンラインベッティングサービスを開始した最初のプラットフォームの一つです。

現在、アクティブプレイヤー数が、全世界で2,300万人以上に達しています。アメリカ市場を開拓するため、Bet365はパートナーシップ契約を締結できる企業を模索し始め、2018年にハードロック・アトランティックシティのカジノとパートナーシップ契約を締結し、2019年にニュージャージー州の市場に参入しました。

まとめ

以上の通り、オンラインベッティング市場は今、急成長を遂げています。上記でご紹介した企業5つは、オンライン業界の限界を押し広げるような、素晴らしい企業運営を行っています。

その一方で、オンラインギャンブル業界の動向をウォッチしている方なら、VulkanBetのような新規参入企業が、業界独自の評価を得ていることもご存知でしょう。

VulkanBetは、今はまだそこまで大きな存在感を示していませんが、将来的には急成長する可能性を秘めています。

オンライン業界の今後の動向としては、オンラインギャンブルの市場規模がさらに顕著なものとなり、人々は店舗型カジノよりも、オンライン・ベッティングがより好まれるようになるのは間違いありませんね。